Wherewithal:(何かの目的に必要な)お金、資金、能力

dollar

(何かの目的・運営などに必要な)お金、資金、能力、生産手段

(文脈により)ほぼ同じ意味の語:ability, funds, means, finances, resources, etc.

wherewithal は主にビジネスで使う言葉で、何か目的を達成するために手段として必要な「能力」を指す。withal は with の古い言い回しで、where + with で means by which の意味となる。wherewithal も若干古いニュアンスがあるが、経済系のメディアではもちろん、実際の仕事のやり取りで使うこともある。

financial wherewithal(財力), technical wherewithal(技術的リソース) のように、「何の能力か、資金か」を説明するために、前に形容詞をともなうことも多い。

He asked his father for the financial wherewithal to launch the company.

(彼はその会社を立ち上げる資金を父親にねだった。)

下の例文は、私の仕事の実際のやり取りのメールから。

They appear to not have sufficient technical wherewithal to ingest batches of content.

(彼等は、まとまったコンテンツを注入するだけの、技術的な手段を持っていないようです。)

解説:彼等が取引を中止しようと思っている会社について、先方がこのようにコメントしていた。“appear to not” という(to の後に notが来る)言い回しは、実はネイティブの間では至って普通。以前、ニューヨークの大学で英語を教えているアメリカ人の教授に確認したことがあるが、not to でも to not でも全く問題ないとのことだった。

新聞などメディアでの使用例1

She had degrees from Stanford, Oxford and Columbia but had not quite found a way to harness her academic wherewithal.

(彼女(チェルシー・クリントン)はスタンフォード、オックスフォード、そしてコロンビア大学の学位を取得したが、学問的な資質を活かす方法はあまり見つからなかった。)

(The Seattle Times – Chelsea Clinton’s frustrations and devotion shown in hacked emails, Oct 27, 2016) 1)The Seattle Times – Chelsea Clinton’s frustrations and devotion shown in hacked emails, Oct 27, 2016

使用例2

Of course, successful libel lawsuits rely on judges who are sympathetic to the claimants, and Trump cannot remake the entire judiciary in one stroke. But many journalists and their employers don’t have the wherewithal to fight lawsuits, even baseless ones, to the end.

(もちろん、名誉毀損訴訟が成功する場合それは、原告に同情的な裁判官による。また、トランプは一気に司法制度全体を作り変えることは出来ない。とはいえ、多くのジャーナリストとその雇用主は訴訟、それがたとえ根拠のない訴えであっても、最後まで戦う財力を持ち合わせていない。)

(Slate – Journalists Should Be Terrified, Nov 9 2016) 2)Slate – Journalists Should Be Terrified, Nov 9 2016

使用例3:動画 Game of Thrones – The Mountain and the Viper

“I wasn’t deterred. I was the smartest person I knew. Certainly I had the wherewithal to unravel the mysteries that lay at the heart of a moron. So I went to Maester Volarik’s library.”
3)IMDB – Game of Thrones “The Mountain and the Viper” Quotes

(「俺はひるまなかった。俺は自分が知っている最も賢い人間だからな。確かに俺には愚か者の心に横たわる秘密を解明する能力があった。だから Maester Volarik の書斎に行ったんだ。」)

What is it all about? The smashing of beetles (game of thrones)

解説:HBOのドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』第4章『戦乱の嵐-後篇-』の第8話「山と毒蛇」より(1分10秒目辺り)。この場合の wherewithal は ability に近い意味だと思われる。このドラマは中世ヨーロッパのような荘厳な世界観をかもしだすために、セリフの言葉を意図的に重々しく、古めかしくしている感じを受ける。

出典・参照   [ + ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク