Rustic modern:素朴だが現代風な、洗練された田舎風の

modern rustic

Rustic:

1.田舎(風)の(Rural, Country) 
2.飾りっ気のない、素朴な(Plain, Simple, Natural) 
3.野暮な、粗野な(Unsophisticated, Rude, Crude)

rustic は、日本語に訳せば「素朴な、飾り気のない、田舎っぽい」というのが本来の意味。それが「素朴で好感が持てる」となるか、「田舎臭くて野暮ったい」というニュアンスになるかは、文脈次第。しかし今回は、ここ最近のアメリカでのファッションやインテリアなどのデザインのトレンドを象徴する、重要なキーワードとしての rustic、もしくは rustic modern / modern rustic(ラスティック・モダン、モダン・ラスティック)に焦点を当てたい。

例えば、ブルックリンのウィリアムズバーグ周辺でヒップスターが集うブティックの内装から、南カリフォルニアの一軒家のリノベーション、ウェブサイトのデザイン、Tシャツのデザインまで、皆が口をそろえて「rustic な感じが好みだ」と言う。でも、彼等の言う rustic には、従来的な意味とは少し違うニュアンスが含まれていて、単純に田舎風なだけでも、素朴なだけでもない。

山小屋のようなカントリー仕込みや、懐古主義的なヒッピー・スタイルとは違って、モダン/コンテンポラリーな「シンプルさ、清潔さ、洗練」を下敷きとして、「伝統的な素朴さ、オーガニックさ、ヴィンテージ(本物)な質感を、ピンポイントで取り込む」ことが大事なようだ。

rustic と言うだけで、既に modern であることが前提になっている場合すらある。そういう意味では、今風の rustic は日本語に訳さないで、「ラスティック」とカタカナ表記にした方がしっくりくるケースもあるだろう。

Wikipedia によると、このトレンドは2000年辺りに、インテリアの世界を中心に始まったとされている。1)Rustic modernヨーロッパのミニマリズムや和風の Zen などの影響も感じられるが、大半のアメリカ人にとって、ミニマリズムは人工的で冷たすぎる(都会的すぎて威圧感を感じる、気恥ずかしい)、Zen ではやはり居心地の悪さや、「取ってつけた感」を感じるのかも知れない。

それに対して、Rustic modern は「ノスタルジーとしてのアメリカーナ」2)Americana as nostalgiaがある程度下敷きになっている。ヨーロッパや日本などの国に長らく主役を譲ってきたモダニズム/デザインの世界に、自分達の住宅事情や伝統を活かしながら、よりしっくり来る居場所を見出そうという、一種の復興運動(ルネサンス)とも考えられそうだ。

注意:rustic と、「錆びついた」の rusty は全く意味が違うので注意。rustic は country を意味する「rus」が語源。rusty は「錆び」を意味する名詞「rust」の形容詞形。3)The Dictionary – Rustic

参考動画:Modern Farmhouse Remodel #windsongproject

最近はこの farmhouse(ファームハウス)スタイルが大いに注目されている。日本語に訳すと「農家」だが、本来の意味からは随分コンテンポラリーな世界に進化していることが見て取れる。とはいえ、どんなに進化しても、アメリカの一軒家では、暖炉はマストアイテムのようだ。

Modern Farmhouse Remodel #windsongproject

新聞などメディアでの使用例1

Designer Amy Zantzinger styled her family’s waterside retreat to be an elegant yet casual farmhouse. No country cliches here: Her look combines rustic farm tables, lanterns and antique weather vanes with contemporary lighting and white marble bathrooms.

:デザイナーの Amy Zantzinger は、彼女の家族の水辺の隠居所(別荘)を、エレガントだがカジュアルさを残したファームハウスに変身させました。ここには使い古された、カントリー・スタイルの手法はありません。彼女のデザインは、農家のテーブル、ランタン、アンティークの風見といったラスティックなアイテムと、照明、白い大理石のバスルームなどのコンテンポラリーな要素を組み合わせたものです。

注記:逐語で日本語に変換してしまうと、この記事のニュアンスが壊れるため(country と rustic の違いが分からなくならないように)、カタカナ表記を多めにしました。

(The Washington Post – How to get farmhouse style, without the country cliches) 4)The Washington Post – How to get farmhouse style, without the country cliches

新聞などメディアでの使用例2

He could opt to spend time at Camp David, the rustic presidential retreat in Maryland. But whatever else Trump might be, he’s not a rustic kind of guy. His idea of the great outdoors isn’t the woods, it’s the golf course.

:彼(ドナルド・トランプ)には、キャンプ・デービッド、すなわちメリーランドにある田舎風の大統領専用の別荘で過ごすという選択肢もある。しかし、トランプがどんな人間であろうと、彼は田舎風の生活を好むタイプの人間ではない。彼が「素晴らしい郊外(アウトドア)」と聞いて思いつくことと言えば、森林ではなくて、ゴルフコースだから。

解説:使用例1とは違って、これは rustic 本来の意味に近いが、著者は「最近見直されている rustic の良さなんて、金ピカ趣味のトランプには理解も出来ないだろう」という含みを込めているのかも知れない。

The Washington Post – Trump’s cake and golf presidency 5)The Washington Post – Trump’s cake and golf presidency

出典・参照   [ + ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク