Be fixated on:~に執着する、こだわる

baby fixated

(人・物)に執着する、こだわる、気をとられる、取りつかれる、釘づけになる

(文脈により)意味の近い語:be focused on, be zeroed in on, be infatuated by, be obsessed with, etc.

他動詞 fixate 「~を固定する、固執させる、凝視させる」の過去分詞。前置詞 on を伴って、「ある状態に固執して離れないさま」を表す。そのこだわり方が “exclusively” (脇目もふらず)のニュアンスが強いのか、”obsessively” (取りつかれて)のニュアンスが強いのかは文脈で判断。

My eyes were fixated on her stunning dress.

:私の目は、彼女の驚くほど美しいドレスに釘付けになった。

The media are too fixated on antics and tweets of the president to cover more important news on a daily basis.

:メディアは、大統領のおかしな行動とツイートに気を取られて、日々のもっと大事なニュースをカバーできていない。

“I am not fixated on one type of investment. Single stocks, mutual funds, annuities, I have tried every conceivable type.”

:「私は一つの投資タイプにこだわりません。株式、投信、年金など、考えつくあらゆる投資方法を試してきましたよ。」

新聞などメディアでの使用例1

After my parents’ divorce, I was raised in a house of mostly women. I shopped like my mother, in big splurges, and I occupied the bathroom like my sister, neurotically fixated on my skinny body and disobedient hair.

:両親が離婚したのち、私はほとんど女性の家庭で育った。母と同じく大金を散財して買い物をし、妹(姉)と同じく風呂場を占拠し、自分のやせた体と言うことを聞かない髪の毛の手入れに、神経質なまでに執着した。

(The Guardian – Tom Shone ‘I cut my hair every day’: confessions of a (very) vain man) 1)The Guardian – Tom Shone ‘I cut my hair every day’: confessions of a (very) vain man

使用例2

Yes, I saw that guy in the coffee shop who was so fixated on his tablet that he ignored his child’s shining eyes. Don’t be that guy.

:そう、私はコーヒーショップで、自分のタブレットPCにくぎ付けになるあまり、我が子の輝く瞳を気にも止めない父親を見たことがある。そんな父親になってはいけない。

(The New York Times – The Guilty Secret of Distracted Parenting) 2)The New York Times – The Guilty Secret of Distracted Parenting

参考動画:Alastair Parvin: Architecture for the people by the people

イギリスのデザイナー Alastair Parvin 氏によるTED でのスピーチ。4分過ぎ辺りに、”get fixated on” が登場する。

“And the problem is that, like a lot of design professions, we got fixated on the idea of providing a particular kind of consumer product, and I don’t think that needs to be the case anymore.” 3)Alastair Parvin “Architecture for the people by the people” – Subtitles and Transcript

:「そして問題は、多くのデザイン仕事のように、私達は何か特定の(気の利いた)消費者向けのプロダクトを提供しなければならないというアイデアにとらわれてしまうことです。私はもはやその必要はないと思います。」

Alastair Parvin: Architecture for the people by the people

出典・参照   [ + ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク